妖怪扇子【討ち入りごっこ】

轆轤首が赤穂浪士の出で立ちで“討ち入りごっこ”。

「どれどれ…。
ほほう。
何やら黒と白の着物を着ているな…。
腕まくりなどして、
頭に何か乗せてあるようだ」
浮世絵と睨めっこしながら独り言。
頭の髷は髪が足りなかったようで、
扇子で代用しています。

裏面の提灯お化けは腐れ縁。
“ごっこ”遊びにお付合い。
うっすらと、
“忠”の文字が浮かんでいます。


・・作品詳細・・
扇面:手描き、薄らと銀色の光沢がある国産和紙
寸法:6.5寸(19.5㎝)※女性向きの寸法です
骨:唐木骨(茶色く炊いた竹)
骨数:45間(両端の親骨を含む)
仕立て:京都

¥ 8,640

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料650円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。